施設として多機能化

新郎新婦

千葉に点在する結婚式場、結婚式を挙げるとすれば人気なのは盛り上がりが期待できるパーティー感覚のウエディングハウスです。その中で豪華な式を挙げるならば、千葉に点在するホテルです。ウエディング専門でないのに、その仕組みに納得がいきます。メインは宿泊ですから、新郎・新婦、遠方からのゲストも前乗りすることができます。レストランも併設、各種の祝賀・会議にも活用できる大小規模の会場があり、ウエディングもその機能の一部に当てはめることができます。ですから、披露宴会場として利用できるだけに留まらず、両家の顔合わせの席としても活用ができる仕組みです。婚約期間中に執り行う『結納の儀』も、こうしたホテルで行うことさえ可能で、結婚式以外での予約、借り方ができます。

ホテルサービスを利用

結婚式場

千葉に点在する結婚式場として機能するホテル、豪華な装飾で来客をもてなしてくれます。ホテルの従業員のサービス化もウリの一つで、接客係はもてなしの心を持ち合わせています。高齢のゲストに対しても、タクシーから下りたらベルボーイがしっかりサポートしてくれます。シェフも一流で、婚礼料理に妥協はありませんし、レストランとウエディング用の料理を堪能できます。ホテルサービスが行き届いているだけでなく、設備もウリです。エレベーターも通路もワイド設計、ウエディングドレス姿で通るにも無駄がありません。

魅力的なものが付帯

結婚式場

会場使用料だけがかかる費用ではありません。千葉の結婚式場選びで評判がいいのは、式場にしかないものが使えることです。例えば、挙式も挙げられるチャペルが併設されていたり、屋外でとなれば、中庭などのガーデンウエディングができたり、グランドピアノがあるならば生演奏も可能でしょう。ドレスショップやフラワーショップなどと提携を結んでいれば、割安感があります。エステが受けられるならば、花嫁さんも身なりを整える準備にも利用ができます。

資金に計画性を出しておこう

結婚式場

千葉で挙げる結婚式、相場は300万円とも500万円ともいわれています。それは式場使用料であったり、新郎・新婦が何かしらにこだわり、追加料金が発生するからで、ご祝儀でまかなえないことが少なくありません。ですから、男性は独身時代から結婚資金を貯めておく、あるいは、親から支援してもらい、費用をまかなっています。結婚式場の費用だけで考えれば、ホテルよりもブライダル専門会場がリーズナブルであるのはいうまでもなく、レストランウエディングであれば、会場使用料もぐっと抑えることができます。1日貸し切りとする一軒家は、さらにリーズナブルな価格設定です。その理由は、ウエディング用の装飾もなく、会場としての機能だけだからです。良くいえば、自由度のあるウエディングができますが、そのためにウエディング向きにセッティングする費用がかさむために計画性は必要です。